OUR STORY

飾るということ

小物を飾るのも『飾る』ということ。
何もない部屋に家具を置くのも『飾る』ということ。

それを見るとこころが満たされる。

人は部屋を飾りながら、こころも飾っているのだと思う。

わたしたちは

海外インテリアを使った洗練された空間づくり

室内装飾を得意としています

圧倒的なデザイン性。

わたしたちは、圧倒的なデザイン性と高いクオリティを備えた、使い心地の良い商品を大切に選んでいます。

お店独自の感性で集めたオリジナリティ溢れるインテリアは、小物ひとつで印象をガラリと変えてくれます。

ヨーロッパのクラシックをベースに、現在のインテリアデザインを取り入れたスタイルを提案します。

探す楽しみ

無数のアイテムに溢れた店内を歩きながら、

求めているもの、理想の物を見つけ、形にしていく楽しみ。

家具を探していくことは、生活を作っていく事だと思います。

探していた物、思いがけないものが見つかる、

出会う。

わたしたちのお店は、ワクワクと発見がいっぱいです。

小さな家具屋

周りは ビルド&スクラップの考えが一般的だった頃、

8人姉妹で始めた小さな家具屋は、ヨーロッパの家具に出会いました。

使い捨てではなく、暮らしに寄り添い、家族と共に年を重ねる家具。

親から子へと託し、子や孫はそれを受け継いでいく。

家族の面影、懐かしい思い出。

魅了された姉妹は、

「これからはヨーロッパの家具を扱っていこう!」と決めたのです。

繋ぐ・繋がる

それ以降、アサヒ家具サロンは、海外からの家具を含めたトータルインテリアショップとなりました。

お客様に支えられ、今年で創業50周年を迎えます。

受け継いだ想いを、これから先も繋げていきます。